「お寿司」と言えば、握り寿司だけでなく、のり巻きもありますよね。

マグロを巻いた「鉄火巻き」、かんぴょう巻き、また、漬物を巻いたものや、納豆巻きなどがあります。

いろいろありますが、私は「かっぱ巻き」の存在が、子供の頃から不思議でした。私は、キュウリは好きです。

風俗をもっと楽しく利用していく為に和歌山 風俗のお得情報が満載な風俗サイトを見つけました。この風俗サイトはとても便利です。

キュウリのぬか漬けや塩漬は大好きで、それでご飯を食べる事もできます。

ですが、「かっぱ巻き」のキュウリって、全く味がついていないですよね?

味のしないキュウリは水っぽいだけで、酢飯には合わないと、私は思っています。
何故、こんなご飯に合わない生のキュウリを巻いて食べるのか。

ちょっと調べてみました。

すると、握り寿司の進化した江戸時代に関係があるのが、分かりました。

握り寿司は、江戸では立ち食いの軽食扱いで、サッと食べて出ていくのが、「粋」とされていました。

そう、江戸っ子の粋や淡泊を好む気質が影響しているんです。

キュウリは、「世界一栄養のない野菜」とされています。

江戸時代に、そこまで分かっていたかどうかは疑問ですが、敢えて栄養のないキュウリを巻いて食べる事が、江戸っ子には「粋」とされたそうです。江戸っ子気質だけで出来たかっぱ巻き。

それが、現代まで残った理由は何なんでしょうね。

今では、彩りなどに理由されているのかもしれません。

ですが私は、キュウリは漬け物で食べたいなぁ。